• MVNOは会社によるが契約は緩い

    MVので店頭サービスを大手キャリア並みに展開してる事業者はなく、イオンモバイル、楽天などはそれなりの数実店舗ありますが、少なくても数の面でキャリアショップに及ばないです。



    一般にMVNOとのやり取りはネットか電話などで完結して最近は公式サイト上でチャットによるサポート受けられるじぎょすはも増えてます。

    契約前から契約時など手取り足取りのフォローが必須であるなら格安SIMに手を出さないほうがいいでしょう。

    逆にこれまでキャリアショップ訪れることあまりなければ格安SIMに乗り換えても問題ありません。



    大手キャリアから格安SIM乗り換えで、通信できない不通期間があったりして、キャリアからMNP番号発行してもらってネット上でMVNOに乗り換える手続き完了させれば、それまでつかえていたキャリア提供SIMカード利用できないことがあります。メイン端末は電話不通になって困ったことになります。

    3大キャリアからMVNOに移ることで得られるメリットですが、料金で横並びで特にデータ通信料高い3大キャリアに比べてトータルで安い価格で運用可能。


    3大キャリアで基本的に契約は2年縛りで途中解除すれば約1万円の解除料かかってきて、ほとんどの場合放置すれば自動継続で次の2年契約突入となり、解約できる期間がちょうど境目の1か月しかないといったことに。



    MVNOは会社によりかなり契約が緩いです。

    最大12000円の解除料は利用すればするほど下がって1年以上利用すれば不要になります。